04
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

遺影

 注文していたルー様用の写真立てが届きました。仕事速い! ルー様の遺影にする写真を探していたら、まだパンが生きていた時に撮った二人の写真も出てきて、ちょっと切なくなりました。パンが旅立ってから、ルー様も一気に老けてしまって…放牧中もあまり動かなくなってしまったのと、手術して毛が無くなったりして、あまり写真を撮っていなかったのもあって、ここ半年撮った写真ではいいものが見つからず…結局、一年くらい前に撮影した写真を遺影にすることにしました。
 
ルー様遺影
 
 ルーをお迎えしたのが、LAINGさんと出会った二週間後くらいで…私とLAINGさんの歴史は、まんまルー様の人生だったんだなぁ…と、ちょっとしんみり。

ルーとパン

 ルー様のお骨と遺影の隣に、パンのお骨と遺影の隣。きっと、今頃お空の上で二人で駆け回っていると思います。それとも、仲良く丸くなって寝てるかな。改めて、

ルーウィン、パン、私のところに来てくれてありがとう。
スポンサーサイト

最期のお別れ

 ルー様と最期のお別れをしてきました。二番目の受付だったので、すぐにお釜に入ってしまって…そのまま待合室で一時間。私達が受付を済ませた10分後くらいには、ズラッと順番待ちの列が出来てました。やはり、土曜日とあって、連れてくる人が多いんでしょうね…ルー様の骨を骨壺に納める時には、10組以上の方が待っておられました。

 長い間薬を飲んでいたのと、体が小さいのもあって、ちょっとボロボロにはなっていましたが、意外にもしっかり骨は残っていて…けど、体は小さいから、パンの時は目一杯だった骨壺の半分くらいで納まりました。

 帰宅後は、住む者のいなくなったケージを掃除して…少しだけ遺品を整理しました。もう使う人がいなくなったハンモックとタオルをゴミ箱へ。残ってしまったご飯もゴミ箱へ。ケージと、隠れ家に使っていたチーズのお家はそのうち粗大ゴミに持っていきます。キャリーケースは「後々猫を飼うのならば使えるんじゃない?」と母上に言われ、残すことに。ルー様が愛用していた首輪は形見の品として、骨壺の上に。パン君の時も首輪はそうしたので…

 空っぽのケージを見ると涙が出ます。もういないんだな…って思ってしまって…あの子には、たくさん色んな事を教えて貰いました。たくさんの思い出を貰いました。今頃は、パンと一緒にお空の上で眠っているかな…それとも、二人して駆け回っているかな。

 ルーウィン、またいつか会おうね。
 その時を、私はずっとずっと待っています。
 ルーウィン、どうか安らかに…

訃報

 ルー様が虹の橋を渡っていきました。(詳しくはコチラ

 パンの時も精神的にしんどかったけど、今回はもっとシンドイです。

 明日、火葬場に行って、最期のお別れをしてきます。

一夜明けて…

 今日、パン君が歩いている夢を見ました。ケージから出て、てちてち歩いていました。ハッと目が覚めて横を見ると、冷たくなったパンが隣で眠っていました。最期に夢の中に会いに来てくれたのかな…キャリーで眠るパン君を撫でてから「行ってきます」と「行ってらっしゃい」を言って出てきました。なんか「さよなら」って言いたくなくてね(^_^;)
 帰宅途中で花を買ってこようと思ったんですが、既にお花屋さんは閉まっていて…開いているところは、バレンタインに合わせて華やかなお花しか置いてなかったので、断念して帰ってきました。家に帰ると、そこにいたのは小さくなったパン君。残念ながら、愛用の品々は一緒に焼いて貰えなかったそうです。形見の品として、首輪を骨壺の側に置いています。まだ私の部屋は寒いので、暫くはリビングに置いておく予定です。1人じゃ寂しいもんね。

 小さいながら、存在感抜群だったパン。本当に家が静かになってしまいました。アルは何かを感じているのかな…空になったキャリーをちょいちょい眺めています。ケージを眺めては、ルーが眠るハンモックに手を伸ばしたり…何もない所を眺めていたりします。ルー様はひたすら寝ていて、フィーネは相変わらずです。

 先日LAINGさんが「ご主人が帰ってくるのを待っていたのかもね」と言っていました。そういえば…と、ふと思ったんですが、この三連休、JOFやらスキーやらで私は家を空けていたんですね。んで、火曜日は残業で…火曜日に帰ってきた時には、既にパンは吐血をしていた後でした。最初はルーの背中にベッタリ血糊が付いていたので、ルーの背中が傷ついたんだろうと思っていたんですが、23時頃に抱き上げた時に、パンの口元に血が付いているのを見つけて、パンだったんだ…って分かったんです。あの小さな体で吐血をするって事は、かなり危険な状態だったはずです。にも関わらず「まだまだ元気だよ。大丈夫だよ」ってアピールするようにお気に入りのぬいぐるみを銜えて運んだりして…パンなりに、私や母に心配かけないよう、頑張ってくれていたのかもしれません。でも、耐えきれなくなって、水曜の朝に虹の橋を渡ってしまったのかな…って。

 パンを思い出すと、今も涙が溢れます。でも、いつまでもメソメソしていたら、パンが心配するだろうから…頑張る!って事で、土曜から同期とのスキー旅行です。LAING邸にボードを置いてあるので、金曜から前泊。不謹慎かもしれませんが、気持ちを切り替えて遊んできます。

 続きにコメントの返信です。

続きを読む

訃報

 今朝、パン君が虹の橋を渡っていきました。享年6歳。約1年半にも及ぶ闘病の末の最期でした。詳しくはコチラ。仕事を休むわけにはいかなかったので、病院の後に出社。終始涙目のまま、なんとか仕事を終えて帰ってきました。冷たくなったパンを見て、また涙が溢れてきて…ペットロスになる人の気持ちがよく分かりました。人間と違って、答えてくれないから余計辛いんですよね…人間なら遺言を残せるかもしれないけれど、動物はそうもいかないから…
 朝、だんだんと冷たくなっていく体を抱きしめながら、命が失われるってこういう事なんだな…と思ったり。これまで、祖父を2人、祖母を1人亡くしていますが、それよりもずっと悲しくて、辛いです。泣き言言っててもパンか悲しむだけだと思うし、前を向いて頑張ります。
 でも、どうしようもなくて、LAINGさんにメールを送りまくってたりして…こういう時、頼っちゃうんだよね…まぁ、最近はこういう事以外でも頼りまくってますけどね。

 休みが取れたのは月曜日なんですが、おそらくその日まで保たないだろう。綺麗なまま送ってあげよう…という事で、明日の朝、母が火葬場に連れていってくれます。最期まで見送れないのは悲しいけれど、こればっかりは割り切るしかないですよね…明日、帰り際にお花でも買って帰ります。部屋の一角に、お骨置く場所作らなきゃ…

プロフィール

藍崎 渫翔

Author:藍崎 渫翔
関東の南方に生息。
ハマると、金に糸目を付けず
つぎ込みます。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レボリューション

フロントライン感覚で、ノミダニとフィラリアを予防出来ます。動物病院よりも格安で購入できるのでオススメです☆

待望の新作!

猛獣使いと王子様から6年。ついに待望の新作です! 白馬の王子が諏訪部さんとか…悶える(笑)
バナー

絶賛応援中!

友人がキャラデザを担当してます☆
バナー

バナー

リンク

ブログ内検索