02
8
   

学園祭の王子様、全キャラ攻略完了☆

 本日、学プリ全キャラ攻略が完了いたしました! ふぅ…ここまでくるのは、長かった。テニス史上、最多の攻略キャラを誇るゲームでしたからね。その分、既読スキップがついてたのかなぁ…って感じですが。全て終わったので、色々順位付けをしたい所ですが…先に、ゲームレポへと参りましょう!

 まず、青学・不二です。取り敢えず、開眼スチルが大量にあって良かった(>_<) 不二も佐伯と似たタイプですね~主人公をからかって、遊んでくれます(笑) 注目すべきは、数々の台詞達ですね。まず、私のツボをついたのは、この台詞。

「手塚はそっちにいっちゃうのか」

 悲しげな顔をした不二! あ~もぅ! 塚不二ファンとしては、悶える一コマです。場面としては、模擬店を決めてるシーンだったのですが、手塚が綿菓子屋に参加を決めた事にショックを受けたもよう。一緒にやりたかったんでしょうね(笑) 
 続いて、主人公と買い出しに行って、その途中で喫茶店に寄った時のこと。主人公が不二の顔をじーっと見ていた時のこと。

「ボクの顔で良かったら、ずっと見てくれてていいよ」

 不二の顔をじっと見てたら、倒れちゃいますよ(笑) 他にも、一瞬ドキッとする台詞を吐いてくれました。デートに行って、映画の話題を話していた時、不二が映画に出てきた台詞を言ってくれます。

「ボクがキミに覚えていて欲しい事はたった一つだけ…ボクがどれだけキミが好きなのかを…」

 かなり臭い台詞ですが、不二が開眼モードで言ってくれるだけで、もう私はメロメロです! 映画のワンシーンからの台詞とはいえ、こんな台詞を言われたら、ちょっと本気にしちゃいますよ!? けど、相手は超が付くほど鈍感な主人公。「先輩、またからかったんですね」と答えるだけでした。
 不二が努力をしているシーンもありました。1000回素振りを終えた不二に声をかけた主人公。ラケットに鉛が付いてるのに気付き、ラケットを持たせてもらいます。しかし、その重さにビックリ。「一体どれだけあるんですか?」と聞いたところ、返ってきた答えがコレ。

「8キロ弱かな」

 8キロですかっ!? 女子ハンマー2個分ですよ!! あ、ちなみに私は高校時代、ハンマー投げの選手でした。練習でハンマーを2個持たされて、回す練習をした事があるので、それがどれだけ重いのか、想像つくんですね(^_^;) 8キロを片手で振り回すって、かなり凄いと思う…ってか、普通じゃない!(笑) 不二はどちらかって言うと華奢な体つきのため、かなり驚きました。
 学園祭では、プロポーズチックな台詞を言ってくれました。それがこれ。

「裕太のお姉さんになってくれるかい?」

 どう聞いても、プロポーズにしか聞こえない(笑) こんな感じの不二でしたが、告白に「ボクがキミを好きだからさ」でした。デートでの台詞がインパクトありすぎて、それほどインパクトを感じませんでしたね。でも、それまでの展開がよかったので、良しとしましょう!


 さぁ、最後を飾るのは、氷帝帝王・跡部景吾です。取り敢えず、

彼は凄かった!

 何が凄いかって? 全てです(笑) 彼が真の王子ですよ! 最後に残しておいてよかった~って思えましたね。漫画・アニメでは、悪役イメージがついてまわる跡部様ですが、このゲームをやればそのイメージは払拭される筈!! 諏訪部さんの声もベストマッチでした。
 でも、俺様跡部も健在でした。主人公を名前で呼ぶイベントでは、いきなり名前を呼ばれて驚き「何で私を名前で呼ぶんですか?」と聞く主人公に対して

「俺が呼びたかったからに決まってるだろ」

 俺様跡部万歳!! ただ、主人公に名前で呼ぶ事を強制させませんでした。名前を呼ぶことを強要していたキャラもいただけに、ちょっと意外でした。跡部のことだから、絶対名前で呼ばせると思ってましたし。
 デートでも、跡部らしさを見せてくれました。オペラと、クラシックのコンサートに連れて行ってくれたんですが、なんと観客は跡部と主人公のみ。貸し切ったらしいです(笑) さすが、跡部財閥。貸切ぐらいはした金なんでしょうね。
 跡部が、嫉妬心を覗かせる一面もありました。跡部と神尾が会話している所を見つけた主人公。楽しそうに会話する跡部を見て、声をかけるのを止めてしまいます。そこへ桃城がぶつかって、お互いに謝りあうんですが、そこを跡部が目撃するんです。謝りあってただけなのに、跡部は何か勘違い。疑う跡部に、主人公はぶつかったから、謝ってただけだと説明します。ようやく納得したらしい跡部は、

「お前は危なっかしい…ナンパされてるのかと思ったじゃねぇか」

 と呟きます。どうやら、桃城にナンパされてると勘違いしてたみたいです。独占欲の強い跡部のこと。かなり、不機嫌になってたみたいでした。主人公が「先輩、不機嫌じゃないですか?」と言ってたので(笑)
 跡部ルートは、氷帝で跡部の人気が凄まじい事を見せつけられるルートです。主人公は学園祭の運営委員として、委員長である跡部とかなりの確率で一緒になることになります。それをよく思わないのが、跡部の取り巻き連中。最初は、主人公に「跡部様に近づくな」というメールを何通も送りつけてきます。もちろん主人公は、そんなこと気にしてられません。すると、嫌がらせはエスカレート。メールの次は、平手で頬を引っぱたかれ(かなり強烈で、頬が腫れた)、次に主人公に当たるように、木材を倒します(これは、跡部が守ってくれた) ついに、取り巻きは主人公に直接攻撃を仕掛けようとしますが、間一髪。取り巻きに見つかる前に、跡部がかくまってくれました。そこで、跡部が 

「俺は…お前が傷つく姿は見たくない」

 と漏らします。主人公は「えっ?」とか言うくせに、跡部の真意にはまったく気がつきません(笑) 後日、跡部は取り巻き連中に対し、怒りをぶちまけます。たまたま、その現場に近づきそうになっていた主人公に対し、

「お前には何も見せたくない。それに、知らなくていい事だ。
今日は出来るだけ俺の側にいろ。お前を危険な目には遭わせない」

 
 もの凄く、跡部が優しいんですけど。“RUSH&DREAM” でも、まだ跡部は落としてないから、なんとも言えないんですが、跡部ってこんなに優しいキャラなんですか? 優しいのも大歓迎ですけどね☆ いつも高慢で、相手を振り回してそうな跡部を想像してただけに、ちょっと感激しました。200人の部員を統べる部長なだけあります。高慢で、テニスが強いだけじゃ、下はついてきませんからね。
 まぁ、こんな感じで、跡部は相当主人公にアピールしてるんですが、主人公は全然気付きません。2回目のデートでは、主人公の希望で遊園地に行きます。前日の電話で主人公が「貸し切りはなしですよ?」と言って、跡部が「わかった」と答えたあたり、主人公が言わなかったら、1回目のデートと同じく、遊園地を貸し切っていただろう跡部様(笑) いつも、貸し切って遊んでいるのか、かなり戸惑ったみたいです。待ち時間が長かったことを主人公が気にしたところ、跡部は

「いや、待つのも悪くない……お前といるなら」

 と答えます。普通こんな台詞言われたら、気付きますよ(笑) でも、やっぱり鈍感主人公。今まで通り全然気付きません。遊園地後、お好み焼きを食べた二人。主人公が「先輩と食べる料理は、何でも美味しいです」と言ったことに対し、跡部は天然なのか、計算なのか本気で悩みますが

「いや、意識してるってわけじゃねぇみたいだな」

 と、主人公の天然さに思わず苦笑。文化祭では、大衆の面前で、主人公にたこ焼きを食べさせるという事もやってくれました。ですが、ここで驚いていてはいけません。トドメは、学園祭ファイナルの社交ダンスに待っていました。他のキャラと同じく、ダンスを踊る二人。しかし、これからが凄かった。跡部は主人公に「目をつぶって動くな」と命じて、大衆の面前でキスしてくれます。もちろん、踊ってるのは跡部ですから、かなり大勢の人が見ていたに違いない。残念ながらスチルはありませんでしたが、キスまでしたのは跡部だけです。まぁ、スチルがあったら12かかっちゃうでしょうね(笑) キスした直後のレギュラー陣のコメントが笑えました。手塚や真田のコメントはなかったですが、おそらく手塚は固まり、真田は顔を背けて「破廉恥な」とか言っていたことでしょう。そんなこんなで、跡部にキスされてしまった主人公。固まっているところに、跡部が大声を張り上げます。

「聞け!こいつは……俺の女だ!
これから先、こいつにちょっかい出す奴がいたら、
男だろうが女だろうが関係ねぇ。
この俺が全力で潰す!いいな、覚えておけ!」


 亜久津に引き続き、俺の女発言再び! さすが跡部です。こんなこと、跡部にしかできない(^_^;) きっと、跡部がキスした理由も、悪い虫が付かないように…という意味をこめた虫除けだったのでしょう。幸村よりも、別の意味で怖さを感じました。跡部グループの力なら、何されるかわかったもんじゃありません(笑) エンディングは、主人公に膝枕されて眠る跡部でした。跡部ルートで残念だった事は、思ったよりスチルが綺麗じゃなかったこと。なんか、跡部の顔が微妙でした。

 まぁ、こんな感じで長くなりましたが、学プリが終わりました。明日からは、RUSH&DREAMでもやろうかな…と思ってます。取り敢えず、私が個人的にやりたかったランキングは続きに。

続きを読む

スポンサーサイト

あと少し!

 今日バイトで、三月の予定表を貰いました。それを見てビックリ。週5だと思っていた勤務が、週3でした。休みが増えて喜んでいいのか、悪いのか…微妙な心境です(笑)

 今日は月曜なので、WJの話題を少し…ナルトは先週と変わらずって、感じですね。まぁ、少しはマシになってたのかなぁ…ワンピの展開には、ちょっと笑い。どうやらCP9は全てゾオン系の能力っぽいですね。それが、強いかどうかは微妙(笑) で、テニスですが…跡部が4-0から一気に4-4に追い込まれてしまいました(ToT) しかも、リョーマが真似してたのは、手塚ゾーンではなく、父・南次郎の「天衣無縫」を模していたというオチもありました。まぁ、そんな事よりも、跡部がこのままあっさり負けてしまうかも…って事に恐怖を覚えましたね。帝王があっさり負けたら、面白くないじゃないですか! 手塚vs跡部戦みたく、タイブレークにまでは持ち込んで欲しいと思います。ってか、越前vs跡部戦なのに、テニスの順位が下がってる…両名とも人気どころなのに…このまま下がり続けない事を祈ります。


 さて、恒例の学プリゲームレポへと参りましょう。攻略対象キャラが残り5人に迫りました。今日はその内、青学・リョーマ、氷帝・忍足、立海・幸村の三人を落としました。

 まずは、リョーマから。とにかくリョーマは可愛かった。生意気だけど、そこが可愛いんですよね。主人公の方が先輩なので、身長も高かったもよう。リョーマは、跡部が絡むイベントがよかったですね。主人公が重い荷物を持って歩いていたところに、跡部と会話するリョーマが…リョーマは跡部に「学園祭なんかより、テニスがしたい」と訴えます。まぁ、間が悪い事にその現場に主人公は居合わせるわけで…主人公に気付いた跡部が、樺地に主人公が持っていた荷物を持たせます。「他校を手伝うのはよくないんだが…生憎、この場にいるのはやる気のない青学テニス部員だけだからな」と言う跡部。しかし、リョーマは樺地から荷物を奪い取り、さっさか行ってしまいます。二人が去った後、跡部が「テニスの腕前は一人前だが、他はまだまだだな。な、樺地」と言ったのに笑えました。なんだかんだといって、このゲームは跡部が絡むので、跡部好きの私としては幸せです。さて、その後リョーマは

「俺、先輩より力ある。……もっと頼ってよ」

 と言ってくれます。なんか、ものすっごい可愛いんですけど!言い方もリョーマらしくて良し!! 同じ一年なのに、壇ちゃんは落とす際罪悪感めいたものが付きまとったのですが、リョーマはそんな事微塵も感じさせないのが笑えました。告白イベントでは、手塚と同じく、主人公が先に告白しちゃいました。ちょっと情けない、二人の青学の柱(笑) ちなみ告白は「俺、先輩のこと好きだから」でした。


 続いて、忍足。まず悶えたのは、話しかけた際、断る時の忍足の台詞。

「あー悪い。跡部に呼ばれてるんや。また今度な」
 
 跡部に呼ばれてるんですかっ!忍足!! コレは、忍跡万歳ですよ!!(笑) あ、でも、忍足から跡部の名前が出るのは、これを含め二~三回でした。ちょっと残念。
 主人公が忍足の好物を作ってくるイベントでは、忍足がご褒美と賞して頭を撫でてくれました。

「頭なでたる。えらいえらい」
 と言いつつ、頭を撫でる忍足に対し、主人公が返したのは「ありがとうございます」という言葉だけ。別の反応を期待していたらしい忍足は、
「あかん……ホンマに天然や、この子」
 と漏らします。ここでも、主人公の天然は大爆発です(笑) 他にも、デートで忍足が「俺のパートナーになってくれへんか?」と言ったり、学園祭では「お嬢さんは俺が守ったる」と言ったりしますが、主人公は本気にしません。ここまで来ると、主人公は罪な気がします。だって「パートナーになってくれ」って言われてるんですよ? プロポーズ並の告白ですよ。けど主人公はパートナーの意味を「テニスのパートナー」と勘違い。忍足が可哀想に思えちゃいました。ちなみに、忍足は主人公をほとんど名前で呼びません。「お嬢さん」とか「姫さん」と呼びます。なんか微妙な気がするのは、私だけでしょうか。しかも、声が低くてあんま抑揚が感じられないのも、残念でした。あ、ちなみに告白は「俺な…お嬢さんのこと…好きなんや」でした。やっぱり、名前呼んでませんね(笑)


 本日最後は、隠しキャラ幸村です。外面、声音共に優しそうで、とても可愛いのですが、彼は予想以上に黒い人でした(笑) 笑顔でサラッと怖い事を言うあたり、遙か3の弁慶に近しいものを感じました。幸村の怖さを覗かせたイベントが、コレ。夏休みの宿題が終わっていない赤也が、主人公を頼ろうとした瞬間。

「赤也。テキスト一冊なら死に物狂いで頑張れば二日で出来る量だね」

 
 けっこう、きっつい事を笑顔で言いますね、幸村(^_^;) ちなみに、赤也の宿題は英語のテキスト一冊でした。他にも、激励メール一本で、レギュラーで水泳大会の全ての競技を制させてました。レギュラーはへとへとになって水泳大会を終えたようで、一体どんなメールだったのか気になるところ。もう一つは、文化祭で売り上げの伸びてない柳達「甘味どころ」におもむき注意し、優勝をもぎ取ったりとなかなか怖いです。ってか、柳にどんな注意をしたのでしょう。真田が「柳も大変だな」と言ったあたり、相当凄い事を笑顔でサラッと言うに違いない。事実「弦一郎もそうだけど、手塚も年齢不詳だし」とサラっと笑顔で言ってくれました。笑顔が怖いぜ!幸村!! 彼の告白は、結構長かった。

「一つ目、テニス部のマネージャーになってほしい。二つ目、キミの事、これから名前で呼ばせて欲しい。三つ目、俺、キミの事が好きだから付き合って欲しい」

 ん? 付き合うって、ついでみたいなんだけど…と思っていたら、幸村はちゃんと説明してくれました。しかも、三つ目から順に(笑) 好きだから付き合って欲しいし、付き合うからには、名前で呼ばせて欲しい。マネージャーになってくれれば、側にいる時間は長くなるし、卒業してからも先輩として会いに来れるから…との理由でした。更に

「テニス部にいれば、悪い虫も寄って来ないし、寄って来たとしても赤也に虫除けになってもらえばいいしね」

 マネージャーになって欲しい理由の一番は、コレだと思う(笑) ってか、赤也を虫除けに使うんかいっ! と突っ込んだのは、私だけではないでしょう。でも、実際に虫除けになってくれそうだから面白い。むしろ、赤也は幸村にニッコリ笑顔でお願いされるんでしょう。お願いと称した命令で。幸村ルートは、選択肢もなくさっさか進むので、楽ちんでした。特に攻略は難しくなかったですね。

 残るは、不二と跡部です。今日、人形も全て集まったので、彼ら二人を攻略すれば、ゲームは終了です。フフ…明日も長くなりそうだ。

30.5巻ゲット!

 今日は、雨の中地元のダイエーへと、買い物に行って参りました。ダメもとで、最近探している「テニスの王子様30.5」を探しに書店へGO! そしたら、ありましたよっ!3冊も!! 昨日、集英社のHPを確認したら、在庫切れだったので、ダメもとだったのですが、ホッと一安心。しかし、問題はそこから。実は、私はそこの書店にあまりいい思い出がありません。品も、他の書店に比べて落ちるので、暫し逡巡。けれど、背に腹は替えられないと思い購入。原作画より、アニメ画の方が好きですが、それでも買っておきたいマニア心。1800円にしては、内容が充実していたので満足です。


 さぁ、本日のメインへと行きましょう(えっ) 今日は、立海・仁王、丸井、青学・手塚を落としました。

 まずは、仁王。彼はなかなかよかった! 詐欺師と言われてるだけあって、どの台詞も信用しにくいんですが、主人公は天然で素直なので、全ての台詞を鵜呑みにします(笑) しかし、洞察眼が優れている一面も発見。仁王と柳生が入れ替わるイベントがあるのですが、主人公はあっさりと柳生の変装を見破ってました。これぞ愛の力!? とか思いますが、全然そんなことありません。意識しているのは仁王のみで、主人公はただ感じた事をそのまま口に出しただけのことだったんですね。意外にも仁王は、主人公の頭を撫でるのが好きなもよう。

「仁王先輩~」
 と主人公が駆けていくと、
「今日も可愛いの~」
 みたいなノリで、主人公の頭を撫でてきます。スチルが欲しい! と思うのは、決して私だけではないでしょう。告白の際は、主人公を後ろ向きにさせ、後ろから抱きしめてくれました。告白より先に、抱きしめスチルですかっ!? と思っていたところ、ちゃんと理由を話してくれました。

「俺、人の目を見ると本音が言えん」

 なんか、すっごいいいんですけど! 声が掠れ気味なのもGood! エンディングでは、仁王が主人公にダーツを教えてるシーンでした。何でも「部屋の壁を穴だらけにされる」とか何とか言って、主人公に手取り足取り教えていたもよう。スチルには主人公が映ってなかったのですが、仁王の「好きな女にピッタリくっつかれて、喜ばん男はいない」と言っているところから推測すると、主人公が仁王に背を預ける形で教わっていたのではないかと…さすが、詐欺師。やることが違います(笑)

 続いて落としたのは、青学・部長手塚。声は置鮎さんです。お館様が…白龍が…と悶えていたのは、置いといて(笑) 手塚は、真田と同じく厳格な人間ですが、真田ほど言動が厳しくありません。なので、落ち着いて会話できます。真田はすぐ「たるんどるっ!」って怒鳴ってくるからなぁ(^_^;) まぁ、手塚も真田と同じく、名前を呼んでくれるのはエンディングのみでした。名前で呼ぼう、呼んでもらおうとしたようですが「俺の名前は呼びにくいのか…」と一人納得して、断念してました。「呼んでくれ」って言えば、主人公はすぐ呼んでくれましたよ手塚(笑) なにせ主人公天然ですから。けど、手塚編の主人公は、自分の恋愛感情に敏感だったもよう。他のキャラ相手だと、自身の恋愛感情に気付くのが、最後の最後なのですが、手塚の場合はさっさか自覚。なんと、主人公から告白!という展開になりました。ちょっと情けないぞ、手塚。エンディングは、手塚と共に紅葉の山を山登り…と手塚の趣味に合わせたものでしたが、中学生のデートが山登りってどうよっ!? かなり、年配の夫婦がやることじゃ…しかし、トドメは主人公のこの台詞。

「行きましょうか。国光さん」

 一気に年齢が上がった気がする…先輩って付いてると、学生の恋愛って感じがしますけど、さん付けになると一気に年齢が上がる気がするのは、私だけでしょうか(笑)

 本日のとりは、立海・丸井ブン太です。名前がネタっぽいですが、まぁそこは気にせず流しましょう。ちなみに声は、高橋直純さんです。遙かシリーズで言うなら、ヒノエって言うよりもイサト、イノリに近いですね。正直、ブン太は声に酔ってしまって、あまり覚えていません(^_^;) これ!っていうイベントもさしてありませんでした。強いて言うなら、ブン太は可愛いな~って事ですかね。なんか、餌をねだる小型犬みたいでした(笑) なぜなら、主人公に会って第一声が「腹減った。何か食いモン持ってない?」です。テニスの犬キャラ、ナンバー2くらいですかね。ちなみにナンバー1は、氷帝・鳳だと思います。さて、話を元に戻しましょう。ボーリングのスチルはイマイチでした。笑った主人公の発言は「先輩って、可愛いですね。うちで飼ってるハムスターみたいです」 先輩に向かって、ハムスターてってひどいなぁ…と思いつつ、私も前科があるので、あまり人のこと言えません(笑) 告白は「俺と付き合ってくれ」でした。苦手…とか言いつつも、直球できたのが嬉しかったです。エンディングは、ホワイトデー。お返しに、ブン太はシルバーリングを買ってくれる…みたいな展開でした。中学生でシルバーリングねぇ…最近の中学生は進んでるな。と思った藍崎でした。


 そういえば、残すキャラは、青学:不二・越前、氷帝:跡部、忍足、立海:幸村のみとなりました。あと少し!

 コメントの返信は続きへ

続きを読む

棒針に挑戦!

 今日は特にやることもなかったので、棒針編みに挑戦してみました。私は、編み物が大好きで、かぎ針であみぐるみをいっぱい作っているのですが、棒針編みだけができません。母上の特技は棒針編みなので、母上に指導を受けつつあみあみ…目標はでっかいクッションです。フフ…頑張らねば。皆に見せるために! 午後は買い物に行って、学プリの攻略本を買ってきました。本当は、テニスの王子様30.5を探しに行ったのですが、そっちが見つからなかったので、攻略本を購入。あと9人で全クリできるのに、買ってしまってちょっとまぬけかなぁ…と思いつつ、買いました。攻略してないキャラの攻略ページは見ずに、他のキャラ攻略を見ていると…ん? スチルの出現ポイントが書いてない? 攻略本としては、あんまり使えない代物でした(;_;) でも、色んなデータがゲットできたので、良しとしましょう。そういえば、水の旋律のデザイン集(?)みたいなのも売ってましたね。


 んで、今日は立海・柳と青学・菊丸を落としました。スチルが足りない所が柳の欄だったので、柳を再攻略です。ただ、そのスチルの出し方が面倒で…親愛度を80(?)~99にして告白イベントって、滅茶苦茶面倒なんですけどっ!! しかも、真田にうつつを抜かしていたら、真田にフラグが立ってしまったらしく、真田ルートまっしぐら。結局やり直して、柳を3回プレイするハメに…どうせなら、仁王かブン太だったらよかったのに…とりあえず、無事にスチルはゲットできました。


 次は、菊丸です。彼は可愛さ満点!でした。ただ、一カ所問題発言してましたね。それは、大石とのダブルスについて会話している時。主人公が「相性バッチリですもんね~」と言うと、それに対して菊丸は

「だねぇ~らぶらぶパワー全開!にゃ~んてね」

 と言ってくれちゃいました。らぶらぶパワー…っていいのかそれでっ!! 主人公もただ笑うだけって、もっと突っ込めよ! と思っちゃいました。いや~久々の大菊ワールドが展開されてましたね。宍戸、鳳編では、鳳宍ワールド全開でしたが(笑) 告白は「俺と付き合って!」でした。彼らしく、笑顔満点で。ダンスしてるイベントでは、顔が近すぎて目をつぶる主人公に対し「ずっと目をつぶってると、キスしちゃうぞ~」と、赤也に続くキス発言! その後に告白だったので、どっちかって言うと、普通逆だよね? 告白は「俺と付き合って」と笑顔満点で言われました。ダンス中に言う台詞じゃないと思う(^_^;) しかし、突っ込むところは、更に先に待っていました。エンディングは、主人公が菊丸の家に遊びに行っている設定でした。そこでの問題発言パート2。

「今日、兄ちゃん帰ってくるの遅いんだ。だからさ…」

 って、お前何する気だよ! 主人公も戸惑うなよ! と思っていたら、菊丸の家で飼っているオウムが「こらー英二」と叫んでくれました。結局菊丸は、オウムのせいで何もできなかったみたいですね(笑)

 ただいま、立海・仁王を攻略中。仁王の髪がカツラに見える今日この頃…
 

酔っぱらいなんて…

 唐突ですが、

父上が、テレビのリモコンぶっ壊しました。

 私は現場を見てないのですが、なんでも酔っぱらって帰ってきた父上が、いきなり怒鳴りだし「どうしたの?」と問いかけた母上の言葉を変に受け取り、マジギレ。その矛先を向けられたのが、テレビのリモコンだったんです。哀れテレビのリモコンは、半分に真っ二つ。うちにあるテレビは、10年近く前のもので、新しいリモコンが手に入るかは微妙なところ。
「リモコンがなくなったら困るでしょ!? これからどうするのよっ!!」
 と母上。それに父上は、
「新しいテレビ、買えばいいだろう!?」
 と逆ギレしたそうな。でも、家には金がないので
「買うときになったお父さんに買ってもらわなきゃ。当然よね」
「リモコンがあったら、請求書叩きつけてやる」
 と母上は激怒しておりました。まぁ、当然の処置だとは思いますが…昨夜の事を怒っていても、ちゃんと父上の分の夕飯を作ってあげる母上は偉いと思う。私なら作りませんね(笑) 向こうが謝ってくるまで、絶対許さないでしょうね…


 では、本日の学プリレポへと参ります。今日は、立海・真田、青学・乾、氷帝・宍戸です。

 まず、立海・真田。彼は、イベントで親愛度を上げて、初めてまともな会話ができます。だから、最初は何を言っても「たるんどるっ!」と言われて、会話になりません(^_^;) 一定の親愛度になると、やっと会話が成立します。声音や表情も優しくなります。真田は非常に奥手の人です。彼が自分の気持ちに薄ら気付くのは、主人公がナンパされるイベント後。ナンパされて、困っている主人公を助ける真田は格好良かったです。最初の休日、海に誘ってくれて、いきなり海でデート…やっと積極的になったか!? と思いきや、海には他のレギュラーの姿が…主人公は仁王の助けで、真田と二人っきりになれますが、途中で赤也とジャッカルの邪魔が入り、結局大した時間一緒にいれませんでした(;_;) 夏休み最後の日は、真田と二人きりで遊園地に行ったのですが…真田って遊園地似合わねぇと思いました(笑) ジェットコースターに乗っても、眉一つ動かさないなんてつまんない。告白も彼らしく「お前が好きだ」でした。ただ、エンディングで「今日は父も母も兄も帰ってくる。お前を紹介しないとな」という台詞に笑い。結婚でもする気か、お前は!!と突っ込んじゃいました(笑)


 次は、青学・乾です。柳編で乾が絡んできたより、柳との絡みはなかったです。そして、テニプリ至上一のストーカーは、柳だ!! ということに気付きました。乾もデータマンですが、柳なんかよりずっとぬるい。柳のは、ストーキングしてたでしょっ!? としか思えない言動ばかりだったのですが、乾はデータを集めてるだけ…って感じでした。姿はともかくとして、声が津田さんなので、そこにおいて悶えてました。津田さんと言えば、遊戯王デュエルモンスターズの海馬様ですよ!! 私は海馬好きなので、津田さんも大好きです。語尾が掠れる感じがGood! ただ、気になったのは告白イベント。先に主人公に「好き」って言わせるなや、乾。スチルも2枚と少なかったです。大石ほど、手は抜かれてませんでしたけどね(^_^;)


 さぁ最後は宍戸です。アルバムを聴いてからというもの、宍戸好きになっていた私としては、かなり楽しみにしていました。彼は期待通りというか、なんというか…宍戸を一言で言うなら「素直」ですね。思ったことをすぐに言っちゃって「いや…なんでもねぇ」と言う事がしょっちゅうです。まぁ、宍戸らしいというか、なんというか、彼の会話には鳳の名前が飛び交います。主人公には
「先輩が鳳君を呼ぶときは『愛があるよね~』って、友達が言ってました」
という台詞が。やっぱり、外から見てもそう見えるのね…と納得(笑) もちろん、宍戸にも笑える台詞がありました。これは、宍戸が鳳を捜していて、主人公が代わりに手伝うと言ったイベントにありました。

「お前、激しく動くのは平気か?」
 という宍戸の質問。こっから、既に怪しい感じが漂いますが、主人公は戸惑いながら「…まぁ」と答えます。それに対して
「じゃあ、体力はあるほうか?」
 と宍戸は再度質問してきます。これにも主人公は戸惑いながらも「女子の方ではある方だと思いますよ」と返答。それを聞いた宍戸は
そうか。俺、ゆっくりやられるのは嫌だからな。ガンガン攻めてくれよ。もし、できなくても、俺が攻められるように変えてやるけどな
 もう怪しさ爆発です。更に
いつも長太郎とやってっけど…たまにはお前でもいいかもしれねぇしな
 言われた主人公は、顔を真っ赤にして逃げていきましたけど(笑) しかし、私は大笑い。腹を抱えて笑ってしまいました。オチは、テニスの練習…だったのですが、これだけ聞けば、あやしさ満点です。と、まぁこの辺にして…宍戸の告白はスパッと「お前が好きだ。付き合ってくれ」でした。エンディングでも「好きだ」と言ってくれました。素直な子が好きな人には、かなりお勧めです!


 コメントの返信は続きへ。
 

続きを読む

つ…疲れた…

 今日のバイトは疲れました…こんなに疲れたのは久々です。最近はだいぶ慣れてきたので、結構テキパキと動けるようになったのですが、時々ポカするので、気をつけないといけません。実際、今日ポカりましたからね(^_^;) 大したポカじゃないので、大丈夫だったのですが、不可抗力で起こったポカだっただけにショック(;_;) でも、ポカやった後はミスすることもなく、バイトを終えました。主任から「女性の方が積むの上手いな。男はダメだ」と言ったのを聞き、ちょっといい気分でした。


 さて、今日の学プリゲームレポは、立海・赤也、青学・大石、氷帝・向日です。

 まず、赤也ですが、跡部との絡みがgood!跡部に絡んだ赤也が、赤目モードになり、喧嘩を止めさせようとした主人公を投げ飛ばした…というイベントだったのですが、私としては、赤也なんかより、冷静な跡部の優しさにときめきました(笑)このイベントで跡部が樺地だけでなく、忍足も連れていたのもgood!忍跡ですか!?と一人悶えてました。吹っ飛ばされた主人公は…と言うと、吹っ飛ばされた際に頭をぶつけたらしく(忍足によれば、物が置いてある所に投げ飛ばされたらしい…)失神。それにより、赤也は冷静さを取り戻すんですが、主人公を樺地に運ばれる上に、跡部に「女もまともに扱えねぇのか」と10分間立たされました。もちろんその後、医務室で「この大馬鹿者どもが!!」と真田にバッチリ叱られました(笑)ぶっちゃけ主人公何も悪い事してないから、怒られ損!!まぁ、怒られた後一緒にいた柳に諭され、真田にお礼を言われましたけどね(笑)
 他に笑えたところは、赤也を初めて名前で呼ぶイベント。最もまともで、かつ自然な感じで主人公に名前を呼ばせた赤也ですが、主人公の「そういえば、桑原先輩も名前で呼ばれてるよね。名前で呼んだ方がいいのかな?」という質問に対して大慌て。「いやっそんな必要ないないない。ありえない、いらない、絶対やめろっ」とまくし立てました。その慌てっぷりに思わず笑みがこぼれてしまいました。あと、赤也が寝言を言うイベントがあるのですが、その時の声が妙にエロかった。赤也の声優さんの森久保さんは、裏にもいる人なので、その雰囲気が出てしまったのでしょうが、妙に受けくさい声でした(笑)
 赤也の告白は他者より随分と積極的でした。「キスして」や「キスしていい?」等と聞いてきましたよ、この赤目小僧わ(笑) しかし、主人公が拒否った為結局キスもなく、スチルもなし。まぁ、キスシーンがあったら、12かかるでしょうけどね。


 次は、大石です。彼のスチルは、大変手を抜いたものと思われます。なんと、そのスチルはエンディングに集中して3枚。しかも、面白くもなんともない。大石はハズレですね。ちなみに、告白は非常に焦れったかったです。お互い好きな人が、それぞれ別だと思ってた辺り笑い。まぁ、笑ったのはその辺だけでした。


 最後は、岳人です。彼は全然先輩っぽくなかったです(笑) 主人公(一つ年下)に宿題を手伝ってもらってました。先輩として情けないぞ!岳人!! 告白は男らしく、ズバッと「お前の事が好きだ。付き合ってくれ」でした。大石の後だったせいか、妙に男らしかったですね。とりあえず、岳人の親愛度が上がりにくくって、最初は苦労しました。彼の場合、親愛度が上がるイベントが後半に集中しているんですが、同時に落としにかかっていた宍戸がこれとは逆になるため、危うく宍戸ルートに入りそうに(^_^;) でも、なんとか無事に岳人でエンディングを迎えることができました。最後は、二人でスキー旅行に来ているエンディングでした。さすが、氷帝。子供だけでいかせるなんて、金持ちです(笑) 

 今日は長いな(笑) 赤也のせいだ、赤也の。ただいま、真田を攻略中…ガードが堅いぜ(;_;)


 コメントの返信は続きへ

続きを読む

だるだる~

 やっと、退屈な授業から解放された藍崎です。テストがあるのでは…と冷や冷やしていたのですが、取り越し苦労で終わってしまいました。最後の授業で、先生が試験用紙を持って登場。テストかっ!? 持ち込み可なのかっ!? と教室内がざわめく中。先生が「テストじゃないから安心して」と一言。でも、明らかに先生が持っているのは、試験用紙。ドキドキしながら回ってきた用紙を見て、ビックリ。そこに書かれていた問題は、アンケートでした。これで一体どうやって点数つけるんだっ!? と思っていたら、先生が「成績評価は、出席で付けます。毎回出席してたら点あげますよ」と言ってくれました。数日前から、成績評価を気にしていた私は一体なんだったんだっ!! と思いつつ、アンケートを記入。まぁ、適当に書きましたが(笑)
 その後、サークル棟待機が入っていたので、サークル棟へGO! そこで、新入生歓迎会の冊子綴じ込みをやりました。その部数なんと1800。今日は、700終わったみたいです。ヘッドの子は、明日の10時から行って、続きをやるそうな。えらいですねぇ。

 
 さて、家に帰ってからは、学プリをプレイ。昨夜、攻略ページを回った所、抜けているスチルがバネさんと判明した為、バネさんを攻略。しかも、集まっていない人形は、おまけのミニゲームだった事も判明したので、余計なイベントをすっ飛ばして、高速プレイしました。かかった時間40分。ほぼ既読スキップを使って、台詞なんて聞いちゃいません。スチルを出したのが、エンディング間近だったので、取り敢えずバネさんをもう一度落としました。告白も聞いちゃいませんが(笑) 明日は、バイトに行く前に、赤也を落としてしまおうかと…妹に言ったら、怒られそうです(^_^;) 妹は、赤也が大好きなんですね。


 コメントの返信は続きへ。

続きを読む

あと一日!

 学芸員の授業が、あと一日になりました!やっと、あの退屈な授業から解放されます。明日の最後の時間には、テスト(レポート?)が待ってますが、もう落ちたって構わない…みたいな感覚でやってるので、全然プレッシャーじゃないです。だって、授業を受けている半分くらいの人が、大学卒業してから学芸員になろうかと思って授業を受けてる筈なのに、今回の講師は「ドクター出の人が…」とか「ドクター出だから…」などとドクターコースに入る事を示唆してきます。ドクターコースと言ったら、大学院に進めってことですよ? んなことやってられっか!!と多くの人がちゃぶ台返しをする事でしょう(笑) まぁ、本気で学芸員を目指してる人はホンの一握りだと思う。本気の人たちは、院に進むんだろうなぁ…私には関係ありませんが(^_^;)


 今日は、家に帰ってから、学プリをプレイ! 六角中・佐伯を落としました。学校を去る際、友達に「今日はサエさん落とすぞ!」と意気込んだら、思いっきり驚かれました。それは、な・ぜ・か。友達に「サエさん」と呼ばれている人がいるんですね(笑) 狙って発言したのですが、なかなか反応が面白かったです。さてさて、学プリレポに参りましょう。サエさんは絶対、何人もの女性を手玉にとってきた人だと思う。一つ一つの言動が、計算し尽くされてる気がします。意外だったのは、サエさんは独占欲が強く、かつ束縛を喜ぶタイプっぽい…ってことですかね。

「好きな子には、ずっと俺だけを見ていて欲しいし、
 わがままも言って欲しい」

「しっかり、俺を捕まえておいて」


 等々、いつもの爽やかスマイルで言ってくれます。幼なじみが不二なだけあって、サエさんも黒いんですね。おしゃれの話題では、佐伯の髪が「サラサラ~」と褒める主人公に対し「君の髪の方が綺麗だよ。さわってもいい?」と言い、「からかわないで下さい!」と答える主人公に「えっ?本気だよ? だから、ね?」とかなりアピールしてたにも関わらず、主人公は告白されるまで、サエさんの気持ちに気付きませんでした(笑) 鈍いぜ!主人公っ!! しかし、鈍くないと主人公が腹黒キャラになるので、これでいいのかな…と思いますが。 スチルを確認したところ、六角の一枚が抜けてました。位置的に、サエさんか黒羽なのですが、これは二人を再攻略ですかっ!? 取り敢えず、攻略サイトを回ってから判断したいと思います。


 コメントの返信は続きに。

続きを読む

今日は月曜日♪

 今日からまた一週間が始まります。学校に行くと、一日が早い早い。バイトに行くと、更に一日が早く感じます。今日は学校・バイトに行ったので、学プリは一切やってません。
 しかし、今日はジャンプの発売日。いつものように立ち読みですませました(笑)相変わらず、ワンピが前にいて感心します。ワンピの人気って、全然落ちないですよね。対してナルトが、えらい落ちてました。最近手抜きだからでしょうか(^_^;)
 んでもって、テニス!ついに跡部が1ポイント取られちゃいました。悲しいかな。彼はここから負けへのRoadを突っ走るんでしょうね。だって、

リョーマが負ける筈がない。

 さすがに4-0から6ゲーム連取で負ける事はないでしょうが、負けはほぼ決定ですね(;_;) じゃなきゃ、漫画が終わる(笑) きっと、リョーマが手塚ゾーン習得して(リョーマだから、越前ゾーン?)跡部下して、氷帝戦終了!な、感じになる気がします。そういえば、真田が気になる事を言ってましたね。跡部の「無我の境地は、何でもできるのか?」という質問に「一つだけできないものがある。手塚ゾーンだ」とか言ってました。よくよく考えてみると、手塚ゾーンって、破られたことのない技ですよね? 跡部のタンホイザーサーブも、跡部自身が返してましたし。もしかして、無我の境地って、攻略法のない技は真似できない…? でも、リョーマはそれっぽいの使ったっぽいし…ん~リョーマが天才って事でしょうかね。ってか、マジで手塚ゾーンの攻略法はあるんでしょうか? 跡部の「氷の世界」も手塚ゾーンの前では、意味をなさない気がするし…ゲームだと、あっさり破れるんですけどね(笑) まぁ、こんな事を語ってきましたが、この戦いを通じて、リョ跡、もしくは塚跡が増えないかなぁ…と思う今日この頃…


 コメントの返信は続きへ。

続きを読む

強制イベント発生!!

 今日は、買い物にも行かず、のんびりと過ごす予定でした。が、母上の携帯が突然おかしくなったので、携帯を買い換えに行く事が決定!あぁ、さらばのんびりとした休日(笑) 更に、弟の習い事の送り迎えも私が行くことに決定。まぁ、車を運転することは好きなので、それは嫌じゃなかったです。今日は、妹がやけに懐いてきたので、一緒に弟の送り迎えに行きました。いつもは反発しまくる妹なのですが、今日みたいに突然懐いてきます。こんな日こそ利用してやろう!と、妹に攻略本を渡し、ダージュ・オブ・ケルベロスを再プレイ。妹をナビゲーターにしながら、ほんの少しだけ進めました。


 その後、妹のお願いもあって、学プリをプレイ。最初は岳人を落とそうかと思ったのですが、妹が「長太郎がいい!」と言ったため、鳳を落とすことに…鳳は嫉妬が激しいので、なるべく刺激しないようにプレイしました。プレイして思ったこと。鳳と宍戸は相思相愛ですね。鳳に話しかければ「ゴメン。宍戸さんが呼んでるから」とかわされ、宍戸に話しかければ「悪ぃ。長太郎に呼ばれてるんだ」とかわされました。しかも、鳳は会話(一度のセクション)で5回も「宍戸さん」と言ってくれました。
フッ…主人公を目の前にいい度胸してるじゃねぇか。と思った矢先。主人公が鳳を「長太郎君」と呼ぶようになってからは、主人公が「宍戸先輩」の名前を会話で出す事が増えました(笑) 宍戸大人気!! エンディングでも、しっかり主人公は「宍戸先輩」の名前を挙げてましたね。それに対して、鳳は嫉妬していたみたいですが(^_^;) でも、鳳ほど告白時に「好きだよ」とか「大好きだよ」と言ってくれるキャラは、今のところいません。声音が優しいので、なんだかホッとさせてくれるキャラではありますね。

 現在、六角・佐伯をプレイ中。サエさん、意外とタラしですかっ!? と思わされるイベントに、あたふたしてます。佐伯を爽やか好青年だと思っていただけに、数々の女の子を落としてきたような佐伯の言動や行動に驚きつつプレイしています(笑)

久々の学校

 今日は、学芸員の集中講義の為、学校に行ってきました。一言で言うならだりぃ(笑) ってか、授業が超が付く程つまらない。何が、博物館ができるまでだよ!とか思っちゃいます。資料として、プリントが11枚配られたのですが、OHPで映されるものはプリント以上のものばかりで…デジカメを持っている子に有利な授業再びです。私はデジカメを持っていないので、必死にノートに写します。もう必死の形相で(笑) でも、だんだん眠くなってくると、力尽きます。今日は、一限目に倒れましたが、二・三限は飴をなめて耐えました。月・火・水と授業が続くと思うと憂鬱です。成績評価が、テストだと泣きますね(^_^;)


 さて、今日は千石を落としました。最後の山吹だったんですが、スチルがなんと7枚もありました。壇ちゃんは1枚しかなかったんで、千石がその分取っちゃったんでしょうか(^_^;) ただ、久々に抱きしめスチルがあったので、ちょっと嬉しいかったです。しかも、鳥海ボイス!!ヘッドホンして、音量上げて聞いちゃいました(笑) しかし、千石はいつもチャラチャラしてるけど、告白にはかなり時間かかってました。悩んだ末、出てきたのは

「君の心の片隅に、俺を住まわせてくれないか」

という、歯の浮くような臭い台詞。まぁ、その後にちゃんと「君の事が好きだ」と言ってくれましたが(^_^;) 千石は普段チャラチャラしてる分、真剣な台詞は新鮮でしたね~普段チャラチャラしてる事は、跡部も知ってるみたいです。千石が他校の女子に追いかけられている跡部をかくまうイベントがあるのですが
「ダメだよ、跡部君。女の子には優しくしなきゃ」
 と言う千石に
「フン。いろんなヤツに優しくしすぎて、肝心の一人に気付いてもらえないヤツに言われたくねぇよ」
 と跡部がキツイ一言をくれます。跡部は鋭いですね。ってか、主人公が鈍すぎるんですが(笑)


 とりあえず、最近学プリに飽きてきました。景品の人形が集まらない…でも、やらなきゃ。学プリの跡部は凄いらしいので、楽しみです☆あと、真田の変わりっぷりに期待!
 そういえば、昨日ダージュ・オブ・ケルベロスの攻略本と、遙かのCD2枚を購入。これで、遙かのヴォーカルCDはおおよそ集まりました。あとは、ドラマCD関連ですね。ダージュ・オブ・ケルベロスの方は、攻略本見ながら再攻略です。

コメントの返信は「続きを読む」に…

続きを読む

お買い物♪

 今日は給料日だったので、母上と共に買い物に行きました。家でグッピーを飼っているのですが、メスがいなくてオスばっかりなので、グッピーを買ってきました。グッピーを買う時は、時間をかけて品定めします。相手は生き物なので、動く動く。それでも、じ~っと観察して、元気があるか、病気はないか、体の大きさからざっと年齢を判断して、最後に体の色を見て購入。10分近く、グッピーの水槽でグッピーと睨めっこします。私が買いに行くお店は、魚専門店なので、こんなお客はいっぱいいるんでしょうね。「すいませ~ん」と声をかければ「ん?決まった?」と笑顔で返してくれます。それからは、再び魚と睨めっこです。動くグッピーを見つめ、あらかじめ品定めしていたグッピーをお店の人に取ってもらいます。そこでもまたグッピーと格闘です。グッピーも必死に逃げますからね。でもまぁ、お店の人はプロですからね。こちらの指定したグッピーを取ってくれます。今日は、3ペアを買ったのですが、たまたまメスが誤って入ってしまい、メスが一匹おまけでついてきました。ちょっと、病気持ちっぽかったのですが、家につれて帰ったら元気に泳いでいたので、しばらく様子見ですね。

 さて、毎度の如く学プリレポに行きましょう(笑) だんだん飽きてきましたが、目的のキャラは遙か彼方……彼らの為に、頑張りましょう!

 まずは、青学・河村です。恋のキューピッドは、あの亜久津でした。しかも、河村イベントなのに、満面の笑みで笑ってくれました!!これって、河村イベントだよねっ!? 亜久津ルートでも、あんなに笑ってくれたっけ…?というような、笑みでした。河村なんかより、こっちに悶えました。正直、河村より海堂の方がイベントはよかった。失敗したな…

 次に、不動峰・伊武を落としました。彼、表情が全然変わらないんですよね(^_^;) 驚きぐらいしか、表情の差がない(笑) ってか、伊武の彼女になる主人公は凄いと思う。リョーマ曰く主人公は「面倒事を自ら背負い込むなんて、変わった人」らしい。確かに同感です。あれだけ、伊武のぼやきを、ポジティブに考えられるのは、主人公だけだと思う(笑) エンディングでは、伊武が不動峰の新部長になっていました。神尾じゃなくて、伊武を指名するなんて、橘は何を考えているんだか…まぁ、伊武ルートは伊武の新しい一面を発見できるルートですね。

 最後は、ルドルフ・観月です。観月は柳と同じデータマンですが、全然ストーカーではありませんでした。ちょっと、ホッとしましたね。恋の話で「最後は逃げられてしまいましたが…大方シナリオ通りですね」って所以外は、普通の人でした。声が石田さんなだけに、声を楽しんでた感があります。にしても、観月が遙か3の弁慶と被る(笑) 弁慶の黒さをそのままそっくり受け継いでる感がありましたね(笑) 残念なところは、スチルがあまりよくなかったところ。ちょっと期待してただけに、かなり残念でした。

 あ~明日は、久々の学校だ…だりぃ

久々に日常の事も含めつつ…

今日は、バイトに行ってきました。基本的に週2でしか入ってないので、かなり楽なバイト。内容は倉庫内で、酒運んだり、お菓子運んだりの重労働だったりしますが、私個人としては、体動かすのが好きなので楽しんでやらせてもらってます。大学に入ってからは、運動部に入ってないので、ちょうどいい筋トレ感覚ですね(笑) まだ入社して三か月あまりなのですが、主任さんには「仕事のできる人」として認知されているらしい…三月の予定を聞かれる際に「どうしても月、木じゃなきゃダメ?」と聞かれた為「三月だったら、いつでも大丈夫ですけど…」と返しました。すると「じゃあ、月~金で入ってもらえる?」と言われてしまいました(笑) おかげで稼げるんですが、いきなり週5はキツかったかもと今更後悔。でも、パソを買う為には金が必要なので、その為に頑張ろうと思います。


 さて、今日の学プリですが、六角・天根と立海・柳を落としました。青学・河村はあと一歩のところで時間切れとなったので、また明日にでも…

 天根の場合、恋のキューピッドになってくれたのは、バネさんでした。全然先に進もうとしない後輩に焦れて、主人公を賭けて、テニス勝負を天根に吹っ掛けてくれました(笑) おかげで一歩前進か!?と思いきや、あまり変わらなかったです(^_^;) 主人公は鈍いので「私、ヒカル君(=天根)の事が好きだよ。だから、ヒカル君の恋を応援するから」と言っちゃいました。ちょっと待て主人公!気付いてやろうよっ!!と、思わず叫んでしまいました。天根が気の毒だと思った瞬間でした。天根のスチルには、抱き締めシーンはなかったのですが、代わりに主人公を「たかいたかい」みたいに抱き上げるスチルがありました。よくよく考えると、手の位置が際どい気が…とも思いましたが、ここは流しましょう(笑) エンディングでは、二人きりの所をバネさんとイッちゃんに邪魔されました。スチルはなかったのですが、イッちゃんが「中学生としての節度を守るのね~」と言っていたところから推測すると、二人は抱き合っていたと思われます。邪魔が入る直前に主人公が「ヒカル君大胆」と言っているので…天根ルートは、下らないダジャレが聞けますが、それなりに楽しかったのかなぁと思います。嫉妬もしないので、攻略は簡単かと…

 続いて、柳を落としました。彼も嫉妬しない人なので、攻略は簡単です。基本的に嫉妬しないキャラは、選択によってしか親愛度が減少しないので、攻略しやすいみたいですね。え~っと、柳はデータマンなので、台詞がストーカーちっくです(笑) 君、絶対ストーキングしてたよねっ!?と疑いたくなるような台詞が、どんどん飛び出します。声も穏やかで、プレイしてる分には一向に構わないんですが、実際にこんな人がいたら怖いと思う。確実にストーカーにされて、警察行きですよ。柳の場合の恋のキューピッドは、なんと乾でした! まぁ、幼なじみだった…っていうのもあるんでしょうが。しかし、乾が恋のキューピッドとは…乾を落とすときは、柳が恋のキューピッドになりそうです(笑) 柳は、これといったスチルはありませんでした。ただ、目を開けたスチルは怖かった。と言うよりキモかった(酷) 柳は目を閉じていた方が格好良いし、普通に見えると思う(^_^;) 頭が固いせいか、柳はエンディングしか名前を呼んでくれませんでした。しかも、なんか惚気っぽい台詞でした。柳は通常会話でも、さらっと言ってくれるので、一瞬一瞬気が抜けません。柳の髪を褒めた主人公に対し「お前の髪の方が綺麗だと思うぞ。じゃあな」と言いたい事だけ言って立ち去る柳。こんな風にさらっと言うので、要注意です(笑)

学プリゲームレポ~裕太・亜久津・ジロー編~

 今日は、高校時代の友人が大学に合格したとの吉報を受けました!そのメールを受け取った時も、実は学プリプレイ中だったのですが、まぁそこは笑って許してください。本当に合格おめでとうございます!!

 さて、早速ゲームレポに移りましょう。まずは、裕太から。他のキャラは途中から主人公を名前で呼ぶようになるんですが、裕太に限ってはずっと名字のままでした。名前で呼んでくれよ裕太!と思わず、叫んじゃいました(笑) 裕太編では、裕太の兄・不二周助が絡んできました。裕太をいじりに何度も出現する不二君。しかも、裕太の事を「不二君」と呼ぶ主人公に「裕太君」と呼ばせるように差し向けたのも、彼でした。それには、菊丸も関わったのですが、まぁそこは目をつぶるとしましょう。裕太編の主人公はかなり鈍かったです。不二に「鈍いね、キミ」とまで言われてしまいました(笑) ってか、裕太編の不二はかなり黒かった。エンディング一歩手前、学園祭のフォークダンスで主人公は裕太を待っていたんです。そこへ最初に現れたのは、菊丸。裕太がいないなら自分と踊ろう…と言おうとした菊丸の前に、裕太が現れます。そのまま裕太は主人公を連れて、その場を後にするんですが、入れ替わるように現れるのが不二。二人を見送る菊丸に

「英二。僕、裕太と彼女のこと、話したよね? 僕に可愛い妹ができるかどうかの瀬戸際なんだから、邪魔しないで」

と一喝。菊丸が「それはちょっと気が早いんじゃ…」と呟くと「何か言った?」と笑顔で返す不二。不二、黒さMAX!!本命の裕太より、この36コンビのやり取りがウハウハでした(笑) ちなみに、裕太の告白は「好きだ。付き合ってくれ」でした。

 
 続いて、ずっと気になっていた亜久津にチャレンジ。最初は千石にしようかと思っていたのですが、興味という欲望に負けました(笑) 最初はまったく相手にしてくれず、どの会話を選んでも親密度が下がるという亜久津でしたが、次第に慣れてくると、常に笑顔を浮かべてくれるようになりました。海堂以上にぶっきらぼうで、言葉が刺々しいんですが、デートの時は意外と優しかった。なぜか主人公に「どこに行きたいんだ?」と必ず聞いてきます。動物園、遊園地と行ったのですが、ガキ臭いと言いつつちゃんと付いてきてくれる亜久津は、なんだかんだ言って主人公を愛してくれてます(笑) 実際、一番最初のデートの時「千石と付き合ってるのか?」と訪ねてきたり、千石と仲良く喋っていると、立ち去ったはずなのに「なに楽しそうに喋ってるんだ」と口を挟んできたりと、意外に子供な亜久津に笑ってしまいました。裕太同様、残念ながら抱きしめスチルはありませんでした。が、告白シーンにビックリ。「俺に付きまとうなら、ちゃと筋通せ」と言ってきました。筋ってなんだよ…と思っていた直後。「俺の女になれって言ってんだよ」と言ってくれました。さすが亜久津。告白も不良っぽかったです(笑)


 本日の締めはジローちゃん。最初は寝てばっかりで、まともな話が出来ません。しかし、根気よく話しかけていくにつれ、勝手に親密度が上がり、常に起きていてくれるようになりました。プレイしてて気付いたんですが、ジローは絶対確信犯だと思う。倉庫で荷物を片付けるイベントがあったのですが、この時、起こそうとした主人公に、思いっきりジローが抱きついたんです。たまたま倉庫にやってきた宍戸が助けてくれたんですが、相当力が入っていたと語ってくれました(笑) 「どんな夢を見てたんですか?」と主人公が聞いたところ「枕が無くて寝にくかったんだけど、突然抱き枕が現れてさぁ。暖かくて、柔らかくて、いい匂いがして、E~気持ちだったのに、宍戸に起こされた」なんて答えが返ってきました。もちろん、その抱き枕は主人公。主人公は顔を真っ赤にして、駆け出します。宍戸が「追いかけて、謝ってこい」と言ったことで、ジローは追いかけていくんですが…絶対、解ってやってたよなジロー(笑) なにせ、通常の会話で

「一緒に寝よ」 

とまで言いましたからね(笑) ジローは、抱きしめスチル2枚に、膝枕スチル2枚と、かなりおいしいスチルでした☆

学プリゲームレポ~柳生・海堂・橘編~

 「学園祭の王子様」略して「学プリ!」 毎度、学園祭の王子様…って書くのが面倒になったので、以後は略させて頂きます(笑) 最近、これしか書いてませんが、まぁ気長にお付き合い下さい。なんせ、攻略キャラが34人もいるので、書くことがいっぱいあるんですね(^_^;)
 
 さて、早速本題に入りましょう。まずは、立海・柳生から。柳生は、本当にジェントルマンでした。態度やら、言動やらが紳士的。安心していると、意外とエロボイスで焦りました。囁くような低い声が、腰に響くんですよ!家に誰もいない事をいいことに、一人で叫びまくってました(笑) 二回目のデートは、なんとゴルフでした。中学生のデートで、ゴルフってどうよっ!? ゴルフに誘う柳生もどうかと思うが、主人公「面白そうですね」とか言って、簡単に付いていくなよ…と突っ込んでしまいました。エンディングでも、二人はゴルフをしていたのですが、ここで主人公の「お父さんが、先輩とゴルフしたいって言ってました」の発言に「ぜひお手合わせ願いたいですね。貴女の為にも負けられません」と返した柳生。これは、「お父さん、娘さんを私に下さい」「私に勝てば、娘はやろう」ってノリですかっ!? 思わず吹き出しちゃいました。柳生の告白シーンは、柳生が主人公を抱きしめる(?)スチルがありました。けど、彼は眼鏡をかけていて、表情が読めないので微妙でしたね。

 次に、海堂を落としにかかりました。二巡目なので、既読スキップが大活躍。早い、早い。あっという間に、イベントが進みます。海堂は、ぶっきらぼうな発言が目立ちますが、中身は非常に優しい人の上に、すっごく素直なので、好感度が上がりやすかったです。メインストーリーは既読スキップで吹っ飛ばし、人形を集めつつ、海堂を攻略。彼も、告白シーンに主人公を抱きしめてくれました。どうやら、ほとんどのキャラで、主人公を抱きしめるシーンがあるみたいですね。桃城、神尾、壇はなかったんですけど(笑)

 本日最後は、不動峰部長・橘です。伊武も一緒に好感度を上げてたのですが、本命の橘より伊武の方が好感度が上がってしまう時が一度あって、非常に焦りました。まぁ、伊武の方は嫉妬してくれるので、下げやすかったです。それに、橘との帰宅シーンを伊武が見てしまった為、好感度がガクッと下がってくれました。橘は、告白シーンより大分前に、主人公を抱きしめるスチルがあったので、告白シーンにスチルはありませんでした。けど、一番積極的な告白でした。今まで落としたキャラは大体「好きだ」止まりだったのですが、橘は「好きだ。俺と付き合ってくれ」まで言ってくれました。しかも、風邪を引いた主人公にお粥を作って、食べさせる…というエンディングでした。橘ってば、意外と積極的な人だったんですね(笑) 橘攻略では、橘の過去がたくさん聞けました。ただ、杏ちゃんの話が出てきても、本人が出てこなかったのが残念でしたね。杏ちゃん、好きなのになぁ…

学園祭の王子様ゲームレポ~日吉・黒羽編~

 日吉、落としました!やっぱり氷帝は人気があるせいか、スチルがよかった!!日吉は、学園祭当日にお化け屋敷に入るんですが、そこで驚いてパニクった主人公を落ち着かせるため、抱き締めてくれました。不覚にも日吉に惚れそうになっちゃいました(笑) プレイしてて気付いた事。日吉は、好きな子を苛めるタイプですね。主人公がホラー系が苦手なのを知っていて、おいしいところをゲットしていってました(笑) しかも、要所要所で跡部が絡んできて、大爆笑!嫉妬に燃える日吉に「嫉妬なら、もう少し分かりやすいようにしろよ」と言ったり、七不思議を調べようと遅くまで張り込んでいた日吉と主人公を発見し「まだこういうシチュエーションは早いんだよ、日吉」などと言ったり、かなり楽しかったです。

 時間もあったので、今日は六角の黒羽も落としてみました。バネさんは、素で口説いてくれましたね(笑) 「俺の相方になってくれ」「ずっと、このままでいられたらいいのに…」などなど。しかし、一番笑ったのは、天根との絡み。テニスで勝った方が、主人公を隠し芸大会の相棒にする…というイベントだったのですが「まさか、お前もアイツを狙ってたとはな」から始まり「彼女は俺のものだ!」という発言まで飛び出すという、かなり楽しいイベントでした。バネさんは、お兄さん気質なので、頭を撫でてもらいたかったのですが、残念ながら、そんなスチルはありませんでした(^_^;) 好感度をマックスの状態でエンディングを迎えると、対象キャラからちゃんとした告白がもらえるのが、このゲームのいいところですね☆現在、立海・柳生を攻略中。でも、なぜか柳の方が好感度が上がっていく…どうやら、柳の方が相性がいいみたいです(笑)

学園祭の王子様ゲームレポ~日吉編~

 今日、久しぶりに「テニスの王子様~学園祭の王子様~」をプレイしました。今回のゲームには、既読スキップ機能がついたので、取り敢えず各校一人ずつクリアしていってます。と言っても、今までクリアしたのは、青学・桃城、不動峰・神尾、山吹・壇だけですが(笑) 既読スキップを活用するためにも、さっさと残る学校をクリアせねばっ!といわけで、ただいま氷帝を攻略中。そして気付く事実。樺地が攻略対象キャラから外されてる!前作、前々作と対象キャラだっただけに、ちょっとビックリしました。まぁ、大して好きでもないキャラなので、関係ないですけど(笑) 樺地が対象キャラじゃなくなってしまったため、誰から攻略しようかと悩みましたが、結局、どうでもいいやと思った日吉に決定。同時に、岳人とジローにちょっかいを出しつつ、プレイ開始。
 始めてすぐに日吉と跡部のイベントが発生。思わず、悶えてしまいました。だって、格好良すぎだよっ!跡部様!!このゲームは、常にと言っていい程、跡部が絡んでくるのですが、この絡みはよかった!跡部の部長としての器を見せられたイベントでしたね。彼は、いつも高慢ですが、ちゃんと部長として部員を良く見てるんだなぁ…って、感じさせられました。
 日吉は案外素直なので、好感度がガンガン上がっていくんですが、問題はジロー。いつも寝てばっかりで、会話が成立しない。話しかけても「ゴメン。寝てくる」って、そればっかり。一向に好感度が上がらない。攻略するのが、面倒そうです。その分、岳人は会話が成立するので、好感度が上がります。しかも可愛いので、言うことなしですね。氷帝は人気があるせいか、スチルの数が多いっぽい。大したイベントでもないのに、既にスチルが3枚も出ています。制作者側のひいきっ!?とか思っちゃいます。実は、まだ日吉を落とし終わってないので、後日続きはアップします。

ガーンっ!

 先日、CDのトラック2から再生できなかったので、今日レンズクリーナーを買ってきました。早速試したところ…駄目でした。相変わらず、トラック2から再生されない。他のCDは大丈夫なのに、そのCDだけダメなんです。大ショックです。家には、コンポが一台しかないので、MDに録音したくてもできない。今度、友達の家で試してみようかしら。けど、遊びに行けて、遙かのCD聞いても大丈夫で、かつMDコンポを持っている友達となると、だいぶ限られてきてしまう…片っ端から、友人にあたってみるしかないでしょうか。家のパソがCDを焼ければ、よかったんですけどね(^_^;) 二度手間にはなってしまいますが、なんとかMDに取れたかもしれないのに…
 今日、宍戸のアルバムをゲットしてきました。同時に、跡部と忍足のバレキスもゲット。視聴してみたところ、跡部と忍足のバレキスは、去年と少しアレンジが変わってました。まぁ、ちゃんと聞き比べたわけじゃないので、はっきりとは言えませんが(笑) で、宍戸のアルバムですが、こっちは宍戸っぽい感じで仕上がってました。私の中で、宍戸はスピード感溢れるイメージなのですが、アルバムはイメージそのまんまでした。ほとんどが、テンポの速い曲。個人的には、凄く気に入ったアルバムです。これだから、テニスのCDを買うのは止められない。
 更に、今日はサークルの4年生追いコンでした。私は飲み会の席で動くのは、大嫌いなのですが、今日は珍しく動いてみました。動いたと言っても、わずか1回ですが(笑) 最初は、私と3人の男子だけで構成されていたテーブルだったのですが、気付けば、私は11人の男子の中に女一人になっていました。うわぁ…これって、逆ハーレムだよね…なんて、のんきに考えていたら、更にビックリ。私が座っている一列が、全員眼鏡でした。私も眼鏡をかけているので、総勢6人の眼鏡が一列に並んでいたんです。しかも、眼鏡を祝して乾杯が始まる始末。普段、女子は乾杯に巻き込まれる事はないんですが、今回は巻き込まれてしまいました。むしろ、逃げられない状況でしたね(笑) その直後「時間も少ないんで、残っている酒を全部空けて下さい」と、部長が言ったので、更に乾杯に巻き込まれる羽目に。まぁ、酒は嫌いじゃないんで、あまり苦にはならないんですけどね(^_^;) そんなこんなで、酒を片付ける為に乾杯を4回もやってしまいました。でも、飲み終えるのが最後にならない自分は、男子には驚異みたいでした。私より後に飲み終えた先輩は「ヤベ…俺、藍崎より遅ぇじゃん」と言って、自主的に酒を飲んでました。多分、見つかるとコールがかかっちゃうからでしょうね。冬合宿で絡んだ先輩が来なかったのがショックでしたが、今日の飲み会は珍しく楽しいと感じました☆

なんで!?

 今日、オークションで購入した遙かのCDを聞こうとしたところ…

トラック2から再生されないっ!?

 なんで、どうして!? パソコンでもちゃんと再生できるし、PS2でもちゃんと再生できる。けど、MDコンポだと再生できない…これじゃ、MDに取れないよ(T_T) 結構好きな曲が入ってるので、かなりショックです。友人にこの事を話したところ「クリーニングしてみたら?」との回答を得たので、今度クリーナーを買ってこようかと思っています。だって、取れないのはかなりツライ。せっかく、遙かのCD集めてるのに…
 ヴォーカルアルバム系統は、大方集まったことに気付きました。オークションで購入しているので、中古ですが、品物の状態が非常に良いので満足しています。なにしろ、新品で買うとかなりの出費になってしまいますからね(笑) それでも、かなりの出費になってるのは否めません。う~ハマると、金に糸目を付けずに買いあさる自分の性が恨めしい…テニスの王子様のCDも、今じゃ意地になって買ってますからね。でも、いいんです。会社側の陰謀だとしても、これが私の愛なんです☆

無事帰宅!

 帰ってきました。我が家へ!
 長いようで短かった旅行でした。今日は、生まれて初めて徹夜をしました!この世に生を受けて20年。24時間一睡もしなかったのは、初めてです。それをサークルの皆に言ったら「マジでっ!?」と連呼されました(笑) まぁ、大抵の人は徹夜をした事あると思いますしねぇ。ただ、私の事をよく知る人は「普段寝るのが10時のくせに、よく起きてたな」と言ってくれました。最近は、12時に寝るけど…という事は黙っておきましたけど。幹事が早々に潰れてしまったので、副幹事的立場にいた私が寝るわけにいかなかった事も、私が寝られなかった理由の一つです。
 私だって早々に飲み会を終わらせて、寝る予定でした。なにせ、前日は2時まで飲んでいたのですから。今日は3時には終わらせようと思っていたのに、結局飲み会は4時まで続き、挙げ句、話足りないから…という理由で、部屋に戻ってからも話をする始末。サークル内での人付き合いが苦手な私ですが、昨日~今日にかけての飲み会は確かに楽しかったです。

続きを読む

2/8…

書こうと思って、すっかり忘れていたので、今日アップ。昨日は、吹雪で大変でした。ガスも立ち込め、前が見えない状況に…そんな中、スノボー初心者の私他3名で、中級コースを滑りました。滑れた事は滑れたんですが、なにせ雪が凄いものだから、滑る所が全て新雪状態!おかげで、全然滑らない。板を自力進ませなければならなくて、ものすごく疲れました(^_^;)
宿に帰り、夕飯を食べたあとは、お決まりの飲み会☆ 梅酒を1リットル開ける事に成功。梅酒が好きになりそうな、今日このごろ

雪だ!スノボーだ!!

20060207190610
サークルの冬合宿で、白馬のサンアルピナにやってきました!一月にスノボーを習っていたので、今年はスノボーにチャレンジ。意外と体は覚えているもので、なんとかターンを行う事ができました☆一月の旅行で、レッスンに入ったかいがありました。
にしても、眠い!ん~…昨日の夜は眠れなかったんですよ。しかも、MDの調子が悪くなるし。そろそろ、MDを買い直そうかしら…?それとも、LP3を買うべき?iPODを買うべき?悩んじゃいますね(^_^;)
明日もスノボーをやるので、雨や雪が降らない事を祈ります

今日から旅行♪

今日から、旅行へ行って参ります。サークルで行くんですが、冬合宿とは名ばかりのスキー旅行です(笑) 行き先は白馬!しかし、白馬にもいろいろあります。幹事に「白馬のどこ?」と尋ねたら、「知らないよ、俺。旅行会社の人じゃねぇもん」と返ってきました。ちょっと待て。いいのかそれでっ!? 結局、今晩出発なのに、場所は分からずじまいです。
そして、家を出発する前。父上がこっそりとお金を下さりました。一体、どういう風の吹き回しでしょう…今まで、こうやってお金をくれた事のない父上。嬉しい反面、ちょっと気持ち悪い(笑) シーッと口に人差し指を立ててたので、内緒にしておいてほしいらしい(^_^;) 恥ずかしいんですかねぇ…
とまぁ、幸先いいなぁと思った矢先。駅に着いてから、買っておいた飲み物を、冷蔵庫に入れっ放しにしてきた事を思い出しました。大ショックです(ToT) 仕方ないので、駅で飲み物を買う事にします。外は霙で、更に気分が下降…でも、向こうに着いたら思いっきり楽しもうと思います☆

跡部最高☆

 いきなりですが、叫ばせてください。

跡部最高っ!!愛しているよ、景吾様!!

 突然すいません(^_^;) 今日は、妹にせがまれ「テニスの王子様~二人のサムライ~」を見たんですが、二人で大爆笑しました。後半は、家族全員がテレビの前に集まり「あれって、テニスじゃないよね」と大爆笑。家族で何やってんだか(笑) その後、同じくテニスの王子様の映画「跡部からの贈り物」を見て、密かに一人盛り上がってました。あの映画は、樺地が準主役っぽいんですが、跡部が大量に出現するので大好きです。特に後半、跡部が手塚を庇うシーンはもう鼻血ものですね!塚跡最高っ!と心の中で叫んでました。床を叩いて悶えてる姿は実に滑稽に映ったことでしょう…
 私の中で跡部は受けです。普段はすっごい強気なヤツが、恋人の前だと少し大人しくなるというか、乙女になるっていうか…口にするのは難しいんですけど、とにかく、強気でプライドの高いヤツが受け子さんってのが、自分は好きらしいです。ベストCPは忍跡ですが、最近は塚跡がかなり上位を占めてます。フフ…昔は塚不二がメインだったのに(笑) 昨晩、初めて通販した同人誌を読んでいて、久々に甘い忍跡小説が読みたくなりました(笑) 明日の夜からサークルの冬合宿なので、読み漁るのは今晩かな…

寒い…

 今日は髪を切ってきました。5cmくらい切ってもらったら、頭が軽くなりました。でも、まだ長いです(笑) 4月か5月になったら、バッサリいこうかと計画中。美容師さんにも「イメチェンしないの?イメチェン」と言われました。冬が終わったら切ってもらいますよ、美容師さん。切りごたえありますよ~長いし、量あるし。
 髪を切りに行ったついでに、本屋に行って「テニスの王子様32巻」を購入。待ちに待った氷帝戦ですよ(>_<) 氷帝ホスト軍団登場!って感じです。これから、跡部様がた~くさん出てくるので、楽しみです☆ 32巻で久々に滝が1コマだけ出ていました。宍戸に負けて以来、久々の登場だね、滝(笑)しかし、なぜ跡部様に名前で呼ばれているんだ、お前は!! 跡部が名前で呼ぶキャラは少ないんだぞ!? ジローぐらいしか、名前で呼ぶキャラはいなかったのに…あの忍足や岳人ですら、名字…もしかして、あの二人は幼なじみ!? 跡部は金持ちだけど、滝も金持ちなのかなぁ。まぁ、氷帝で一般人っぽいのは、宍戸だけですけど(笑)鳳なんかは、金持ちですってオーラ出てるし。岳人も何気に金持ちっぽい。日吉は日本古来から続く名家っぽいし…まぁ、なんにせよ、氷帝はホスト集団っていうのは、変わりませんけどね(笑)

ビデオ三昧

 今日は特にやることもなく、溜まりに溜まっていたビデオを見ていました。なんと、12月のやつです。フフ…去年のですねぇ。でも、まだマシです。ブリーチとワンピースに至っては、去年の8月から見てません。ようは撮りっぱなしで、見てないんですね(笑)見たいと思ってはいるんですが、面倒で…ハードディスクだと、2倍速で見れるので消化が早いのですが、ビデオだとそうもいかなくて。一年分溜まる前には、消化しなくてはと思う今日この頃。
 今日見たのは、アイシールド21、ナルト、メルヘヴンだったのですが…なんだか凄く懐かしい(笑)アイシールドでは蛭間の格好良さに悶え、ナルトではカカシに悶えていました。メルに至っては、ナナシ×アルヴィスってありかな、なんて事まで考えてしまいました。なんだろう。小野坂さんが「アルちゃん」と呼ぶのにドキッ!今までもアルちゃんって呼んでいたはずなのに、どうかしたのかしら私…まさか、餓えてるっ!? おかしい…最近は、ちゃんと補給してる筈なのに…旅行に行く前に、ちゃんと補給しておこう。なにせ、サークルの仲間は、普通の人たちですからね(笑)

DOCクリア☆

 我が家にDIRGE of CERBERUS-FFⅦ-(=DOC)が来て、早五日。プレイ時間12時間で、取り敢えずクリアしました☆長いようで短かった…純粋なRPGじゃなくて、アクションRPGになっているためか、かなり短かったのかな。どちらかというと、オンラインの方に力を注いでいるっぽいので、本編は短いようです。
 さて、感想ですが…ヴィンセント格好良すぎだよ!!ついでに、シェルク、あんたは可愛いよっ!!特に、エンディングのムービー。そこで、私は今作初めてレッドⅩⅢの姿を見たわけですが(レッドの出番ここだけですかっ!?)レッドの傍らに座るシェルク。最初はあまり好きじゃなかったんですが、物語が進むにつれて、どんどん好きになっちゃいました(笑)だって、可愛いんですよ!格好良いヴィンセントと、可愛いシェルク。最高です☆最後にシェルクの口癖が「まぁ、どうでもいいんですけどね」になっていたのに笑い。どうでもいいんかいっ!とツッコミをいれたくなりました(笑)ヴィンセントは、言葉と行動に惚れました。最終章で「世界を救うとしよう」と言ったシーンがVery Good!!なんか、キャラ変わっちゃってる気がしますが、この際関係ありません。元から大好きなキャラだったのですが、ますます惚れ直しちゃいました☆

 そして、今日はバイトに行ってきました。まだ、熱があったのですが、休む訳にもいかず、バイトへGo! そして、来週の月曜と木曜を休みにしてくれるよう言ったところ
「どっちかにして。だって、藍崎さん何気に仕事できるからさ」
と、言われました。何気にってなんですか、何気にって!? 仕事がてぎるって言われたのは嬉しいんですけど、ちょっと気になる一言でした。見た目、できそうじゃないんですかねぇ…

初書き♪

 今までHPはやってきましたが…ついにブログに挑戦です。
ん~時代の流れに乗った!って感じですかね(笑)
HPの更新はのろいですが、こっちは頑張って毎日やろうと思います。

 さて、今日は微熱で気怠い体を引きずりつつ、学校に行ってきました。特にやる事もないのに、学校へ行く理由。それはサークル棟待機!! ふぅ…執行部になったがために、非常に面倒な仕事です。個人としての待機と、サークルとしての待機も入っていたので、絶対行かなきゃならんかったのですが…
今日、雨だよ!? しかも、入試前日! こんな日に、誰が訪ねてくるよっ!?
ってな感じで、とにかく最悪な気分でした。実際、訪れたのは、同じ執行部の子と、提出物を持ってきた部長さん。そして、待機に入っていた私のサークルの役員さん。待機の意味は、あったのだろうか…と、感じてしまいました。
 しかも、待機時間は1時~5時。やることなんてありません。本気で家からPS2を持ち込もうと思ったのですが、雨が降ったので断念。渋々編み物道具一式と、まだ見ていないDVDを持って行きました。暇な時間、一応公共の場で趣味のDVDを見続ける執行部…誰もいない時は、独り言を呟いたり、笑ったりしてました(笑)

続きを読む

プロフィール

藍崎 渫翔

Author:藍崎 渫翔
関東の南方に生息。
ハマると、金に糸目を付けず
つぎ込みます。

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

レボリューション

フロントライン感覚で、ノミダニとフィラリアを予防出来ます。動物病院よりも格安で購入できるのでオススメです☆

待望の新作!

猛獣使いと王子様から6年。ついに待望の新作です! 白馬の王子が諏訪部さんとか…悶える(笑)
バナー

絶賛応援中!

友人がキャラデザを担当してます☆
バナー

バナー

リンク

ブログ内検索